HHKB Pro2 Type-S と Realforce108U-A の打鍵音比較

PFU社のHHKB Professional2 Type-S と 東プレ社のRealforce108U-A(XE0100) の打鍵音を比較しました。

HHKBは静音タイプということもあり、カチャカチャ音はほとんどせず、とても静かです。
職場や外出先でも周りを気にすることなくタイピングができると思います。

一方、Realforceはそれなりのタイピング音がします。
特にEnterキーとShiftキーがRealforceはとても大きな音がなります。
タイピングをしているという感覚は強く持つことができるので、音を気にせずバリバリタイピングをしたい方はRealforceがオススメです。

打鍵感はそれぞれ違った魅力があり、優劣を付けるのは難しいです。
完全に好みの問題だと思います。
私は今はHHKBを気に入っていますが、そのうちRealforceの方が好きになるかもしれません。

どちらも他のキーボードには無い、至高の打鍵感を提供してくれます。
意味もなくタイピングをしたくなる感覚というのは、一度体験してみないと分からないでしょう。

Realforce108U-Aはあまり人気が無いのか、レビュー記事や動画が少ないように感じます。
フルキーボード、かな表記なし、昇華印刷を求めていた私にとってはピッタリのキーボードでした。
特に日本語配列でかな表記なしはとても少ないので貴重なキーボードです。

キーボードの色は白が好きです。
黒もカッコいいとは思うのですが、何故か昔ながらの白っぽいキーボードに魅力を感じてしまいます。
古臭い感じが逆に「The キーボード!」という感覚にしてくれるのかもしれません。

****************
ブログ
http://hibiben.com

ツイッター

****************